Go to Contents Go to Navigation

韓国国家人権委 故ソウル市長セクハラ疑惑の調査に着手

記事一覧 2020.07.15 15:08

【ソウル聯合ニュース】韓国の独立機関、国家人権委員会は15日、故朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長のセクハラ疑惑の真相究明を求める陳情を受け、正式な調査に着手した。

国家人権委員会(資料写真)=(聯合ニュース)

 陳情した団体「司法試験準備生の会」によると、国家人権委は同日午前、担当調査官を配置したと明らかにした。正式な調査手続きに入ったことから、いかなる形でも結論を出すとみられる。

 団体は朴氏による人権侵害とこれを黙認したソウル市の公務員を調査し、責任者の処分などの措置を勧告するよう求めている。ただ、第三者による陳情は被害当事者が望まない場合、却下される可能性もある。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。