Go to Contents Go to Navigation

韓流ファン訪韓客の平均支出11万円 K―POPの影響力大

記事一覧 2020.07.16 06:11

【ソウル聯合ニュース】韓国観光公社が16日公表した「韓流観光市場調査研究報告書」によると、韓流の影響で韓国を訪れた観光客1人当たりの支出額は1007ドル(約11万円)と推算された。

K-POPファン(資料写真)=(聯合ニュース)

 内訳は一般ショッピング費が302ドルで最も多く、宿泊費184ドル、飲食費155ドル、韓流関連のショッピング費138ドルなどと続く。

 韓流観光客の規模は、昨年のインバウンド観光客(外国人訪韓客)の7.4%に当たる111万6422人と推定された。K―POPや韓流スターのほか、グルメや寺院での生活を体験するテンプルステイなど「広義の韓流」まで含めると、その規模はインバウンド観光客数の55.3%に当たる855万3234人に上る。

 韓流観光客の韓国での支出額の規模は11億2413万ドルと推定された。これによる生産波及効果は20億5506万ドル、雇用波及効果は1万3518人と推算された。

 一方で、韓流観光客が韓国を訪れるのはK―POPの影響力が大きいことが分かった。

 韓国観光公社が昨年8~9月に韓流ファン1万2663人を対象に行ったオンライン調査の結果、好きなK―POPスターはBTS(防弾少年団、全体の36.1%)が1位だった。

 報告書は「韓流ファンは共通して自国で最も人気のある韓流スターとしてBTSを挙げた」とし、「彼らのパフォーマンスやルックス以外にも、音楽を通じて青少年に良いメッセージを伝えている点を肯定的に評価した」と伝えた。

 このほかEXO(エクソ、10.4%)、SUPER JUNIOR(スーパージュニア、8.2%)、BIGBANG(ビッグバン、5.6%)、SHINHWA(神話、3.0%)などが続いた。

 女性ソロ歌手ではIU(アイユー)、ガールズグループでは少女時代とTWICE(トゥワイス)が10位以内に入った。

 K―POPスターを好きになるきっかけとなったツールとしては、30.6%が動画投稿サイト「ユーチューブ」を挙げた。好きな理由は、一糸乱れぬダンスなどパフォーマンスが優れているからという回答が18.4%で最も多かった。

 回答者の86.8%がK―POPが好きなことが韓国への旅行を決めるのに影響を及ぼしたと答えた。

 韓国でのK―POP関連活動としては「K―POPスターのグッズ購入」をはじめ、「地下鉄などに出されたK―POPスターの広告の現場訪問」「所属事務所の公式グッズ販売店を訪問」「ミュージックビデオの撮影場所などを訪問」「K―POPスターが運営するカフェを訪問」などの経験をしたと答えた。

 報告書は「現在の韓流ファンの主な年齢層である10~20代が経済力を持つまで韓流を好きでい続ける場合、観光産業の側面から得られる未来価値と波及効果を考える必要がある」と提言した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。