Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏 今年上半期の公開活動わずか19回=就任後最少

北朝鮮 2020.07.16 17:12

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の今年上半期の公開活動の回数が19回にとどまり、最高指導者に就任してから最も少なかったことが分かった。

今年5月に中部・平安南道順川市の肥料工場を視察した金委員長=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国政府系シンクタンク、統一研究院が16日公表した報告書によると、今年1~6月の書簡送付を除いた金委員長の公開活動は計19回と集計された。

 2012年に最高指導者に就任して以降、上半期としては最も少ない。

 13年上半期には100回近く公開活動を行い、17~19年も平均40~50回の公開活動を行ってきたため異例の年といえる。

 4月には金委員長の健康不安説や死亡説まで出回った。

 分野別では軍事訓練や軍部隊の視察などが多く、全体の55.6%に当たる10回が軍事分野の活動だった。

 公開活動のうち軍事分野の割合が全体の半分を超えたのも、12年の就任以降初めて。

 故金日成(キム・イルソン)主席らの遺体が安置されている錦繍山太陽宮殿の参拝や党中央委員会政治局会議への出席など政治分野の活動は4回、旧正月の記念公演鑑賞や平壌総合病院の起工式出席など、社会・文化分野は3回だった。

 経済分野の活動は中部・平安南道順川市にある肥料工場の建設現場視察など2回だった。対外部門の公開活動は行われなかった。

 金委員長の公開活動が異例の少なさとなった原因は、新型コロナウイルス感染への懸念が第一に挙げられる。

 統一研究院の研究員は「(公開活動に)動員された人の中に新型コロナウイルスの感染者がいた場合、金委員長の健康にも影響を及ぼしかねず、なるべく公開活動を控えているとみられる」と説明した。

朝鮮中央テレビは今月3日、金委員長が2日に党政治局拡大会議を主宰したと報じた。党中央委本部庁舎に入る金委員長=(朝鮮中央テレビ=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 軍事分野の公開活動の割合が高いのも新型コロナウイルスの影響と考えられる。公開活動には多くの人が動員されるが、経済分野に比べて軍事分野は人選や統制が容易だ。

 また、韓国に対する不満を間接的に示すため、今年初春に軍事訓練と軍部隊の視察を集中的に行ったとの見方もある。

 金委員長の公開活動の回数は、下半期も大きくは増えない見通しだ。統一研究院の研究員は「短期間のうちに新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が収まらなければ、下半期も金委員長の公開活動は相当制限されるだろう」とし、比較的人数の少ない会議への出席などの公開活動が続く可能性が高いと述べた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。