Go to Contents Go to Navigation

在韓米国大使館 20日から一部ビザの発給業務再開

記事一覧 2020.07.16 21:12

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ビザ(査証)発給業務を停止している在韓米国大使館が20日から留学などのための一部の非移民ビザに限り発給業務を再開する予定だ。

在韓米国大使館(資料写真)=(聯合ニュース)

 米国は3月、新型コロナウイルスの大流行を受け韓国をはじめ世界の大半の国の米大使館・領事館のビザ発給業務を一時的に停止した。緊急の治療が目的の場合や家族の葬儀への出席など急を要する場合は緊急ビザを発給している。90日以内の短期の商用や観光が目的で渡航する際にビザが免除されるプログラムは影響を受けないが、留学などの目的で米国に長期滞在するのは難しくなっていた。

 一部ビザの発給を再開することになったのは、8月から米大学の秋学期が始まる予定であることを考慮したとみられる。

 留学生は米大学の重要な収入源で、米政府は先ごろ、授業がオンラインで行われる場合は留学生にビザ発給を認めないとする措置を発表したが、大学側の強い反発を受け取り下げた。

 在韓米国大使館は移民ビザなど、ほかのビザの発給業務の再開時期については明らかにしなかった。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。