Go to Contents Go to Navigation

WTO事務局長選 日本に協力呼びかける=韓国候補

記事一覧 2020.07.17 09:04

【ジュネーブ聯合ニュース】世界貿易機関(WTO)の次期事務局長選挙に立候補した韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長は16日(現地時間)、スイス・ジュネーブのWTO本部で行った記者会見で、「韓国と日本は多国間貿易体制の恩恵を受けたため、これを維持・強化する必要がある」と強調した。

WTOの一般理事会で演説後、会見を行う兪氏=16日、ジュネーブ(聯合ニュース)

 また、「日本は誰がWTOを改革する適任者であるか能力と資質を見ると判断している」として、「日本に私のビジョンを紹介したい」と述べ、日本の支持に期待を示した。

 中国に対しては、「中国は多国間貿易の重要性を理解している国」とし、「中国と良い業務協力を結んできた」と述べた。

 WTOで最終審となる上級委員会の機能の見直しに関しては「加盟国は2段階で構成される紛争解決システムの必要性を共有している」として、「協議を通じて解決する」との考えを示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。