Go to Contents Go to Navigation

韓国版ニューディール事業加速へ 産業通商資源部が推進団発足

記事一覧 2020.07.17 10:00

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部は17日、新型コロナウイルス感染拡大による危機を克服し、コロナ後の時代の世界経済をリードするための国家発展戦略「韓国版ニューディール」の総合計画の実行に向けた司令塔として「産業・エネルギー韓国版ニューディール推進団」を発足させたと発表した。

鄭升一次官(産業通商資源部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同推進団はこの日、鄭升一(チョン・スンイル)産業通商資源部次官の主宰で初会合を開き、韓国版ニューディール総合計画のうち産業・エネルギー分野の推進の仕組みづくりなどを話し合った。

 政府は14日、韓国版ニューディールの総合計画を発表し、デジタルニューディール、グリーンニューディール、雇用・社会安全網(セーフティーネット)強化に国、地方自治体の負担と民間投資も合わせて2025年までに総額160兆ウォン(約14兆2500億円)を投じると明らかにした。

 推進団は韓国版ニューディールの10の代表課題のうち、グリーンエネルギー、スマート・グリーン産業団地、エコ・モビリティー(移動手段)というグリーンニューディールの3課題を滞りなく進めるため、課題ごとの専門チームを設置した。

 また、デジタルニューディールに関しては、製造業のデジタル転換を加速させるため「産業知能化推進チーム」を設置した。

 推進団には産業通商資源部のほか、韓国産業団地公団、韓国エネルギー公団、韓国自動車研究院、韓国産業技術振興院などの関係機関も加わる。

 鄭氏は「産業構造の革新と産業生態系(エコシステム)の競争力強化に向け、韓国版ニューディールを通じた産業生態系のデジタル転換とグリーン転換を強力に推進していく」と意欲を示した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。