Go to Contents Go to Navigation

韓国南西部に洋上風力発電建設へ 2.4GW規模

記事一覧 2020.07.17 17:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の産業通商資源部は17日、南西部・全羅北道での洋上風力発電事業の推進に向け、同道と地元自治体、韓国電力公社、洋上風力開発事業者の韓国海上風力、地元住民代表と業務協約を結んだ。

洋上風力発電用の風車(ゲッティイメージズ提供)=(聯合ニュース)

 業務協約は、全羅北道の高敞郡と扶安郡周辺の海域に2028年までに民間投資でおよそ14兆ウォン(約1兆2500億円)を投じ、2.4ギガワット(GW)規模の洋上風力発電団地建設を目指す内容。

 同地での洋上風力発電事業は、地元住民の反発などでここ10年ほど停滞していた。

 28年までに計画通り全て完成すれば、224万世帯への電力供給が可能な大規模な洋上風力発電団地が誕生することになる。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。