Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(7月17日)

記事一覧 2020.07.17 18:00

◇コロナ新規感染 海外からが39人・市中感染21人

 韓国の中央防疫対策本部は17日、この日午前0時現在の新型コロナウイルスの感染者数は前日午前0時の時点から60人増え、計1万3672人になったと発表した。新規感染者のうち、海外からの入国者が39人で、市中感染の21人の2倍近い数だった。死者は前日から2人増え、計293人になった。

ドライブスルー方式のウイルス検査所で待機する医療関係者(資料写真)=(聯合ニュース)

◇国会議長が改憲提案 「来年までが適期」

 朴炳錫(パク・ビョンソク)国会議長は憲法記念日の「制憲節」を迎え国会で演説し、「大転換の波の前で国民を守り、未来を切り開くため、憲法改正が不可避」として、「今後の政治日程を考慮すれば、来年までが改憲の適期」と述べ、改憲を正式に提案した。一方、「朝鮮半島の運命の主体は南北」とし、「北側の最高人民会議代表に南北国会会談の開催を正式に提案する」と明らかにした。

◇韓国版ニューディール事業加速へ 産業通商資源部が推進団発足

 産業通商資源部は、新型コロナウイルス感染拡大による危機を克服し、コロナ後の時代の世界経済をリードするための国家発展戦略「韓国版ニューディール」の総合計画の実行に向けた司令塔として「産業・エネルギー韓国版ニューディール推進団」を発足させたと発表した。同推進団はこの日、鄭升一(チョン・スンイル)産業通商資源部次官の主宰で初会合を開き、韓国版ニューディール総合計画のうち産業・エネルギー分野の推進の仕組みづくりなどを話し合った。

◇内需が改善も輸出・生産減続く 政府報告書

 企画財政部は経済動向報告書(グリーンブック)7月号で、最近の韓国経済について「雇用の減少幅が縮小し、内需関連の指標に改善傾向がみられるが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う世界的な需要減少などにより輸出と生産の減少が続くなど、実体経済の不確実性が高い状況だ」との見解を示した。先月号では「下振れリスクがやや軽減されている」としたが、輸出と生産の減少に歯止めがかかっていないことから今月は「不確実性が高い」と表現した。

◇ソウルの住宅供給拡大へ 政府が総力戦

 韓国政府は今月末までにソウルの住宅供給拡大策を提示するため、あらゆる手段を講じる総力戦に入るとみられ、結果が注目される。国土交通部や住宅業界などによると、ソウルの住宅供給策に関しては江南圏の開発制限区域(グリーンベルト)の解除から軍施設の移転、都心の超高密度開発までさまざまな見通しや意見が出ている。このうち、政府が瑞草区と江南区のグリーンベルトを開発して住宅団地を造成するとの見方が優勢だ。

◇故ソウル市長の携帯電話解析 地裁が令状棄却

 故朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長のセクハラ疑惑を巡り、携帯電話の通話履歴などを確認するために警察が申請した通信令状について、ソウル北部地裁は強制捜査の必要性が不足しているとしてこれを棄却した。警察関係者は「既に確保した公務用の携帯電話の一部通話履歴を基に、朴氏が死亡に至った経緯を明らかにするため通話相手などの捜査を行う予定だ」と説明した。

◇文大統領の支持率46% 7週連続で下落

 世論調査会社、韓国ギャラップが発表した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は、前週より1ポイント低い46%となり、7週連続で下落した。不支持率は1ポイント下落の43%だった。支持率は同社の調査で今年最高だった5月第1週(71%)に比べ、25ポイント下がった。不支持の理由としては「不動産政策」(23%)が最も多かった。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。