Go to Contents Go to Navigation

QRコード使った電子名簿システム 美術館で導入=韓国

記事一覧 2020.07.17 15:11

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウルの複合芸術施設「芸術の殿堂」の美術館は17日、QRコードを使った電子名簿システムを導入すると発表した。

QRコードを使った電子名簿システム(芸術の殿堂提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け休館中の国公立美術館・博物館とは異なり、芸術の殿堂美術館は入場客名簿の作成など防疫と感染症拡大防止策を実施し、運営を続けてきた。電子名簿システムの導入により、入場者をさらに効果的で安全に管理できるようになった。

 収集された個人情報は疾病管理本部から要請があった場合、疫学調査で活用され、4週間後に自動的に削除される。

 芸術の殿堂は各展示場の入り口に電子名簿システムを設置し、QRコードに不慣れな入場客のために、これまでのような手書きでの名簿作成も続ける。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。