Go to Contents Go to Navigation

文大統領「石炭からグリーンへ」 エネルギーシステムの転換表明 

記事一覧 2020.07.17 18:19

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は17日、南西部・全羅北道扶安郡にある研究施設「風力核心技術研究センター」を訪れ、「石炭エネルギーをグリーンエネルギーに変えることがグリーンニューディールの始まり。国のエネルギーシステムを根本的に変え、経済の大転換をけん引していく」と述べ、エコエネルギー産業の育成に力を入れる姿勢を改めて示した。

風力核心技術研究センターで関係者の説明に耳を傾ける文大統領(右から2人目)=17日、扶安(聯合ニュース)

 文大統領は「グリーンエネルギーは気候危機を解決して雇用を生み出し、不平等を減らす成長戦略」だとし、「(グリーンエネルギーは)石炭や石油のように輸入に依存しない。エネルギー安全保障をしっかりと守ることができる」と説明した。

 特に、洋上風力発電を集中的な育成分野に挙げ、「3面が海に面しているという地理的利点を生かし、2030年までに世界の5大洋上風力強国に飛躍する」と表明した。洋上風力発電産業の発展により、多くの良質な雇用が生まれることにも期待を示した。

 文大統領は14日、デジタルニューディールとグリーンニューディールを両軸とする「韓国版ニューディール」の総合計画を発表した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。