Go to Contents Go to Navigation

ソウル市「セクハラ疑惑調査団」の設置進まず 被害者支援団体が拒否

記事一覧 2020.07.19 14:08

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル市の故朴元淳(パク・ウォンスン)市長のセクハラ疑惑を巡り、同市が真相究明のために設置を進めている「官民合同調査団」は、被害者を支援する女性団体が参加を事実上拒否しているため困難に陥っている。

記者会見でソウル市を批判し、警察の捜査を求める被害者支援団体(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 ソウル市は19日、朴氏をセクハラで刑事告訴した元秘書を支援する二つの女性団体に調査団のメンバーとなる専門家を推薦するよう依頼する3度目の公文を前日に送ったと明らかにした。これに先立ち市側は15日と16日に同様の公文を送ったがこれといった返答がなく、17日には市の女性家族室長が両団体を尋ねたが、面会できなかった。

 支援団体は16日、「ソウル市はセクハラ事件をしっかり究明することもできなければ、その意志があるとも思えない」とする立場を表明。調査団の設置提案を事実上拒否している。

 市側は被害者を保護、支援する両団体の調査団参加が真相究明には切実に求められるとして、引き続き協力を要請する方針だ。

 元秘書の女性は8日、朴氏を警察に告訴した。朴氏は9日に行方不明となり、10日未明、山中で遺体で見つかった。市長公邸に「全ての方々に申し訳ない」などと記した遺書を残していた。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。