Go to Contents Go to Navigation

文大統領側近 南北間の都市協力事業を推進=年内に30自治体結ぶ

北朝鮮 2020.07.19 16:17

【ソウル聯合ニュース】韓国の任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領外交安保特別補佐官が南北都市間の協力事業を推進する。任氏側が19日、聯合ニュースに明らかにした。 

任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領外交安保特別補佐官=(聯合ニュース)

 同氏は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の最側近で、文政権の初代大統領秘書室長を務めた。今月初めに大統領外交安保特別補佐官への起用が発表されると、北朝鮮メディアが遠回しに期待を示すなど、北朝鮮からの信頼も厚いと評される。

 任氏が理事長を務める南北経済文化協力財団を通じ、年内に南北の30自治体同士を結びつける計画だという。現在、同財団と基礎自治体が了解覚書(MOU)の締結を推進しており、財団側は韓国の都市の特性に見合う北朝鮮の都市を選定する。

 MOU締結が完了し、都市別の協力計画を確定した後に北朝鮮側に提案する予定。

csi@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。