Go to Contents Go to Navigation

韓国のビール輸入量 10年ぶりに減少=日本製品不買が影響?

記事一覧 2020.07.19 16:29

【ソウル聯合ニュース】韓国関税庁がこのほど発表した輸出入統計によると、昨年のビールの輸入量は36万トンで前年比7.2%減少した。輸入量が減少するのは10年ぶり。日本政府による昨年7月の対韓輸出規制強化を受け、韓国で日本製品の不買運動が広がったことが影響したようだ。

外国産ビール(ロッテマート提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ビールの輸入量は2016年に前年比29.0%増の22万トン、17年に同50.2%増の33万1000トン、18年に17.1%増の38万7000トンと大きく増加してきたが、昨年は09年以来のマイナスとなった。

 酒類業界の関係者は「昨年の反日感情の高まりで日本ビールの消費が急減し、全体の輸入量にも影響を与えたようだ」と話す。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。