Go to Contents Go to Navigation

韓国版ニューディールに大手企業が続々参加 NAVERや現代自

記事一覧 2020.07.20 11:10

【世宗聯合ニュース】インターネットサービス大手のNAVER(ネイバー)、完成車大手の現代自動車と子会社の起亜自動車、通信大手のKTやSKテレコムなど、韓国を代表する企業が文在寅(ムン・ジェイン)政権の「韓国版ニューディール」事業への参加・投資を表明している。政府が大規模な財政投資とあわせ制度改善を約束したことを受け、民間企業が投資に応じている格好だ。

文在寅政権が韓国版ニューディール事業を推進する(コラージュ)=(聯合ニュース)

 企画財政部によると、政府が先ごろ発表した韓国版ニューディール事業は2025年までに総額160兆ウォン(約14兆2500億円)の資金をデジタル化やグリーン転換、雇用・社会安全網(セーフティーネット)の強化に投じ、190万人の雇用を創出することを骨子とする。

 投資資金の内訳は国費が114兆1000億ウォンで最も多いものの、民間の投資額(20兆7000億ウォン)と地方自治体の投資額(25兆2000億ウォン)も少なくない。国費はいわば呼び水であり、民間の投資の動きが韓国版ニューディールの成功の鍵となる。

 こうした中、韓国の大手企業が続々と韓国版ニューディール事業への参加・投資計画を発表している。

 NAVERは、この20年余り蓄積してきたデータを分析・加工し、政府が推進する「デジタルニューディール」を後押しする方針だ。金融子会社が持つ金融データも公開するとしている。

 これは政府のデジタルニューディールに盛り込まれた、公共データ14万件を公開して一種の「ダム」を構築する「データダム」事業と連動するもの。民間企業はこのデータを用いてさまざまな事業を展開できる。

 現代自動車グループは現代、起亜、高級車「ジェネシス」のブランドから25年までに電気自動車(EV)23車種を発売する計画にしている。EV向けバッテリーと燃料電池システムの技術を活用した都市航空交通(UAM)も28年までに商用化する方針だ。

 EV向けバッテリー大手のLG化学と石油大手のGSカルテックスは、ビッグデータを活用したEVバッテリー特化サービスを共同開発する。EVをGSカルテックスの充電ステーションで充電している間に走行・充電データをクラウドに保存すると、LG化学のビッグデータ・バッテリーサービスのアルゴリズムがバッテリーの状態やリスクを分析する仕組みだ。

 SKテレコムはモノのインターネット(IoT)技術によるスマート水管理システムを構築するため、このほど韓国水資源公社と提携した。

 また、社会インフラのデジタル化に大きな関心を寄せるKTは今月初め、内部に韓国版ニューディール協力タスクフォース(TF、特別チーム)を新設した。これを通じ、デジタルインフラの構築や非対面産業の育成を図る。

 企画財政部の関係者は、政府が韓国版ニューディールを通じてデジタル・グリーン経済への転換に向けた制度基盤を整え、規制を改善するのは民間の革新・投資を促進するためだとし、「相当数の国内企業がすでに投資に乗り出している」と説明した。

14日に開いた韓国版ニューディールの国民報告大会で、NAVERのデジタルニューディールに関する発表を聞く文大統領(中央奥)=(聯合ニュース)
14日に開いた韓国版ニューディールの国民報告大会で、現代自動車のグリーンニューディールに関する発表を聞く文大統領=(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。