Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(7月20日)

記事一覧 2020.07.20 18:00

◇コロナ新規感染26人 約1カ月ぶり低水準

 韓国の中央防疫対策本部は20日、この日午前0時現在の新型コロナウイルスの感染者数は前日午前0時の時点から26人増え、計1万3771人になったと発表した。この新規感染者数は先月22日(17人)以来28日ぶりの低水準で、20人台に減るのも25日ぶり。感染経路をみると、海外からの入国者が22人で、市中感染の4人の5倍以上だった。死者は前日から1人増え、計296人になった。

光州市内に設けられているウイルス検査のための専用診療所。一時は多くの市民が検査を受けていた(光州市北区提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

◇韓国版ニューディールに大手企業が続々参加 NAVERや現代自

 インターネットサービス大手のNAVER(ネイバー)、完成車大手の現代自動車と子会社の起亜自動車、通信大手のKTやSKテレコムなど、韓国を代表する企業が文在寅(ムン・ジェイン)政権の「韓国版ニューディール」事業への参加・投資を表明している。政府が大規模な財政投資とあわせ制度改善を約束したことを受け、民間企業が投資に応じている格好だ。

◇文大統領の支持率44.8%に下落 不支持が上回る

 世論調査会社、リアルメーターが発表した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は前週より3.9ポイント下落の44.8%となり、文大統領の側近で法務部長官だったチョ国(チョ・グク)氏の家族らの不正疑惑が浮上した昨年10月第2週(41.4%)以来の低水準となった。不支持率は前週から4.5ポイント上昇の51.0%で、支持率を上回った。不支持率は昨年11月第1週(51.7%)以来の高水準となった。

◇水道水から幼虫見つかる 首相が全国浄水場の緊急点検指示

 丁世均(チョン・セギュン)首相は、首都圏を中心に水道水から幼虫が相次いで見つかったことに関連し、趙明来(チョ・ミョンレ)環境部長官に対して原因の調査と全国の浄水場の緊急点検を指示した。仁川と京畿道の一部地域の水道水から幼虫が発見されたのに続き、ソウルでも幼虫が見つかったとの通報があり、ソウル市上水道本部が調査中だ。

◇雇用保険を全国民に拡大 25年には2100万人加入へ

 政府が新型コロナウイルスの感染拡大による雇用ショックへの対策として推進中の「全国民雇用保険制度」が、2025年に完成する。李載甲(イ・ジェガプ)雇用労働部長官は「韓国版ニューディール総合計画」のうち「セーフティーネット強化」分野に関する会見を開き、25年には全ての働く国民が雇用保険の保護を受けられるようにすると表明した。これにより、25年の雇用保険の加入者は現在の1400万人に満たない水準から約2100万人台に増加すると推計される。

◇与党代表選 前首相・前行政相が立候補届け出

 与党「共に民主党」の党代表選(8月29日)の選挙戦が幕を開けた。最有力候補の李洛淵(イ・ナギョン)前首相は、ソウル・汝矣島の党本部を訪れて立候補の届け出を行った後、「責任(を持つ)政党、有能な政党になるようにしたい」と抱負を語った。江原道を訪問中の金富謙(キム・ブギョム)前行政安全部長官は、関係者を通じて届け出を行った。李氏と朴氏の一騎打ちが予想されるなか、朴柱民(パク・ジュミン)最高委員も出馬を検討中とされる。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。