Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 輸入品からの新型コロナ感染に警戒=国境封鎖維持を指示

記事一覧 2020.07.20 15:18

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が輸入品を通じた新型コロナウイルス流入の可能性を懸念し、国境と海上の封鎖措置を維持するよう指示した。

マスクを着用して平壌市内を歩く北朝鮮住民=(AP=聯合ニュース)

 朝鮮労働党機関紙の労働新聞は20日付の記事で、「最近ある国の税関当局が輸入食料品の包装紙から新型コロナウイルスを発見したと発表した」と伝えた。エクアドル産の冷凍エビの包装紙から新型コロナウイルスが検出されたとする中国の事例を報じたものとみられる。

 北朝鮮当局は人から人への感染だけでなく、輸入品を通じた感染の可能性にも神経を尖らせ警戒感を強めているもようだ。

 労働新聞は輸入品に対する徹底した防疫の必要性を強調したほか、国境と海上の封鎖措置をさらに厳しく維持するよう呼び掛けた。 

 同紙は15日にも、北朝鮮西部の南浦港で輸入品や輸送関係者、船舶のバランスを保つためタンクに入れるバラスト水などの管理を強化したと報じている。

 北朝鮮は新型コロナウイルスの感染者が1人もない「清浄国」と主張する一方で、防疫の強化を連日指示している。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。