Go to Contents Go to Navigation

不動産高騰問題 開発制限区域解除せず緑地保存=文大統領

記事一覧 2020.07.20 15:19

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は20日、丁世均(チョン・セギュン)首相との会合で、住宅供給拡大策の一つとして取り沙汰されているグリーンベルト(開発制限区域)の解除について、行わない方針を決めた。国務総理室が発表した。

青瓦台(大統領府)で首席秘書官・補佐官会議を開く文大統領=20日、ソウル(聯合ニュース)

 韓国ではソウルを中心に不動産価格の高騰が止まらず、政府の対応への批判が強まっている。政界などからはグリーンベルトを解除して用地を確保し、住宅供給を増やすよう求める声も出ている。

 国務総理室によると、両氏は未来の世代のため、グリーンベルトは引き続き保存することを決めた。

 住宅供給の拡大策としては、国公立施設の敷地を住宅用地として最大限利用する方針だ。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。