Go to Contents Go to Navigation

国情院長候補は「敵と内通」 最大野党幹部の発言に「不適切」=文大統領

記事一覧 2020.07.20 17:10

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は20日、最大野党「未来統合党」の朱豪英(チュ・ホヨン)院内代表が情報機関・国家情報院(国情院)の院長に指名された朴智元(パク・チウォン)前国会議員について、「(北朝鮮と)内通している人」と発言したことについて、「極めて不適切な発言」と不快感を示した。

青瓦台(大統領府)で首席秘書官・補佐官会議を開く文大統領=20日、ソウル(聯合ニュース)

 朱氏は19日、記者団に「敵と親交関係がある人が国情院を担当していいのか」として、「(敵と)内通している人を任命した」と朴氏の指名を批判していた。

 金大中(キム・デジュン)元大統領の最側近だった朴氏は2000年の初の南北首脳会談を実現させるため、北朝鮮に4億5000万ドル(約482億5000万円)を送金した事件などで06年に実刑判決を受けたことがある。

 朴氏の国会人事聴聞会は27日に行われる。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。