Go to Contents Go to Navigation

韓国航空機メーカー SUBARUと部品供給延長契約

韓日関係 2020.07.21 13:56

【ソウル聯合ニュース】韓国の航空機メーカー、韓国航空宇宙産業(KAI)は21日、日本のSUBARU(スバル)との間で米ボーイングの中型旅客機B787の主翼構造物(センターウイングボックス)の主要部品を追加供給する契約を結んだと発表した。

B787(韓国航空宇宙産業提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 KAIは、2005年の同事業開始から昨年末までに1000台以上を納品した。今回の契約で、22年から航空機の製造終了まで納品契約を延長することになった。

 現在の為替レートでは、38年までの売り上げ規模は約9000億ウォン(約800億円)と予想されるという。

 B787は250~350席クラスの中型機で、複合材を多く使用して燃料効率を大幅に改善させたベストセラー機種。

 KAIの関係者は「05年から積み重ねてきた顧客とのパートナーシップはもちろん、技術と品質競争力を認められた」とし、「今回の契約を通じてKAIの協力企業約20社も生産量を確保できることになった」と説明した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 韓日関係
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。