Go to Contents Go to Navigation

韓国軍初の通信衛星打ち上げ 年内に運用開始

記事一覧 2020.07.21 14:20

【ソウル聯合ニュース】韓国防衛事業庁の報道官は21日、同日午前に打ち上げられた韓国軍初の通信衛星「アナシス2号」について、「国防科学研究所が開発した地上端末の実験を行った後、年内に運用される」と明らかにした。

ロケット「ファルコン9」に搭載されて打ち上げられるアナシス2号(スペースXのユーチューブより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 静止軌道に到達した衛星は性能や運用性などの点検を行い、異常がなければ10月ごろ韓国軍に引き継がれる。国軍指揮通信司令部が運用する予定で、来年に戦力化する見通しだ。

 報道官は「単独で常時運用可能な通信網を軍に提供できると期待している」と強調。「従来の衛星と比べ、データの転送容量が増えたほか、敵のジャミング(電波妨害)攻撃に対し、通信網を安定的に維持するための性能が向上した」と述べた。

 韓国軍は民間と共用する形で通信衛星「ムグンファ5号」を使い、通信体系を運用してきた。だが、軍専用ではないため、電波妨害への対応が弱いという弱点があった。

ロケット「ファルコン9」に搭載されて打ち上げられたアナシス2号=(聯合ニュース)

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。