Go to Contents Go to Navigation

元韓国代表の奇誠庸 古巣FCソウルに入団=11年ぶりKリーグ復帰

芸能・スポーツ 2020.07.21 18:43

【ソウル聯合ニュース】韓国プロサッカー・KリーグのFCソウルは21日、元韓国代表MFの奇誠庸(キ・ソンヨン)の入団を正式発表した。契約期間は2023年までの3年6カ月。

FCソウルへの入団が決まった奇誠庸(FCソウル提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 これにより、奇はスコットランド・セルティックに入団し、欧州に進出した2009年以来11年ぶりにKリーグに復帰することになった。

 詳しい条件は公開されなかったが、FCソウルは奇にチーム内で最高水準の7億ウォン(約6300万円)以上の年俸を約束したもようだ。

 奇は昨年まで韓国代表として110試合に出場した韓国を代表するMFだ。

 2006年にFCソウルでプロデビュー。09年までの4シーズンで80試合に出場し、8得点12アシストを記録し、チームを代表する選手となった。

 09年以降は欧州で活動し、12年からはスウォンジー・シティや、ニューカッスルなどイングランド・プレミアリーグでプレーした。

 昨シーズンはニューカッスルでの出場機会が少なく、昨年末から移転先に関心が集まっていた。

 奇は「久しぶりに家に帰ってきた感じだ。FCソウルはサッカー人生において、ここまで来られるようにしてくれた最も大切で愛するチーム」とし、「待っていてくれたファンたちに感謝する」とコメントした。

 また「11年という長い時を経て、しっかり成長して帰ってきたと言われるように最善を尽くす」と抱負を語った。

yugiri@yna.co.kr

最新ニュース 芸能・スポーツ
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。