Go to Contents Go to Navigation

アマゾンコリアが追徴課税を全額納付 グーグルは受け入れず

記事一覧 2020.07.21 21:23

【世宗聯合ニュース】インターネット通販大手の米アマゾンの韓国法人、アマゾンコリア昨年末に法人税を追徴されていたことが21日、分かった。

国税庁は昨年、アマゾンコリアの税務調査を行い、法人税1500億ウォンを追徴課税した(国税庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 業界関係者によると、韓国国税庁は昨年、アマゾンコリアの税務調査を行い、法人税1500億ウォン(約134億円)の追徴課税を行った。同社は昨年11月に全額納付し、不服申立てなどの手続きを取らなかった。

 これまでグーグルやアマゾンなどグローバルIT企業は韓国における法人税の対象にならないとし、税金を支払わなかった。グローバルIT企業が課税対象になるか否かは、国内に固定の事業場があるかどうかが基準となる。

 昨年、アマゾンコリアの税務調査を行った国税庁は同社が国内で実質的に事業を営むという点を課税の根拠としたことが分かった。

 国税庁は同じ基準で今年1月、グーグルコリアに法人税6000億ウォンを追徴したが、同社は従わず、租税審判院に審査を請求した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。