Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮が2年ぶり老兵大会開催へ 休戦協定締結記念日に合わせ

北朝鮮 2020.07.22 09:27

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は22日、「祖国解放戦争勝利67周年を迎え、第6回全国老兵大会が首都平壌で行われる」と伝えた。北朝鮮は朝鮮戦争の休戦協定締結日(7月27日)を「祖国解放戦争勝利」の日と主張している。これに合わせた全国老兵大会の開催は2年ぶりとなる。

前回の全国老兵大会は2018年7月に開催された。朝鮮中央通信によると、金正恩委員長(中央)は参加者と一緒に記念撮影をした=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 全国老兵大会は、故・金正日(キム・ジョンイル)総書記が国家権力の掌握を進めていた1993年、休戦協定締結40周年に合わせて初めて開催された。

 後継者の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)は休戦協定締結59周年(2012年)と60周年(2013年)、62周年(2015年)、65周年(2018年)に開いている。金正恩政権下では今回が5回目。

 今年は区切りとなる年ではなく、新型コロナウイルスの感染拡大で大規模な行事は自粛されている。そうした中での老兵大会開催は、内部の結束を強める狙いがあるとみられる。

 米朝交渉は停滞したままで、国際社会による制裁が続いているところに新型コロナが重なり北朝鮮経済は苦境に追い込まれており、民心の離反を防ぐ必要性に迫られているようだ。特に若者に向けて、日本による植民地時代の抗日パルチザンの精神と朝鮮戦争当時の参戦兵士の犠牲精神を強調し、体制守護の意識を高める思想教育の機会にしたい考えのようだ。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。