Go to Contents Go to Navigation

セクハラ容疑でソウル市長告訴の元秘書側 市の調査団に不参加表明

記事一覧 2020.07.22 14:39

【ソウル聯合ニュース】韓国の故朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長をセクハラの疑いで告訴した元秘書の女性側が22日、2回目の記者会見を開き、「ソウル市は責任の当事者であり、調査の主体にはなれない」とし、同市が真相究明のため設置すると発表した官民合同調査団に参加しない考えを表明した。

会見を行う朴氏の元秘書を支援する団体メンバーら=22日、ソウル(聯合ニュース)

 女性を支援する団体側は「被害者は4年以上の間、20人近くの秘書官に異動を求めてきた」としながら、「だが、市長を頂点とする業務体系は沈黙を維持させる威力的な構造だったことが明かになった」と指摘。「この構造が変わるかどうか確信できない状況ではソウル市の公務員として勤務を続ける職員たちが内部調査で真実を答えることは難しい」と強調した。

 その上で、「ソウル市の調査ではなく、外部の国家機関が調べる必要がある」とし、「(独立機関の)国家人権委員会が調査を進めることが最善だと思う」と述べた。

 被害者の女性と支援団体、弁護人が陳情のための準備を行い、来週に人権委に関連資料を提出する方針という。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。