Go to Contents Go to Navigation

韓米作業部会に批判の声 「米側もよく知っている」=韓国外相

北朝鮮 2020.07.22 16:13

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は22日、北朝鮮問題を議論する韓米作業部会(ワーキンググループ)について、「不満と批判の声があることを政府はもちろん、米側もよく知っている」と国会で答弁した。

国会で答弁する康氏=22日、ソウル(聯合ニュース)

 2018年に発足した作業部会は両国が北朝鮮政策で歩調を合わせ、緊密な意思疎通を可能にすると期待されたが、米国が南北協力事業の推進を北朝鮮の非核化を巡る米朝交渉の進展状況に合わせるよう求めているため南北関係の「足かせ」になっているとの批判が出ている。

 康氏は作業部会の運営方式の変更を求める与党議員の指摘に対し、「米側としっかり調整していく」と述べた。

 その上で、「作業部会は政策協議の場であり、制裁免除(を議論する)機構ではない」としながらも、「南北・朝米対話を調整しながら包括的な議論が行われる中、制裁問題も協議している」と説明した。

kimchiboxs@yna.co.kr

最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。