Go to Contents Go to Navigation

韓国国防相「南北軍事合意、戦時になれば無効」

記事一覧 2020.07.22 19:01

【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日の国会質疑で、2018年9月の南北首脳会談の際に締結された南北軍事合意について問われ、「万が一、戦時状況になれば軍事合意は無効になる」と説明した。

答弁する鄭長官=22日、ソウル(聯合ニュース)

 また北朝鮮に対する偵察と関連し、南北軍事合意の締結以降、無人機に代わる手段があるのかと問われ、「韓米の情報監視資産をより多く運用して標的情報を確認しており、過去と比較しても大きな影響はない」と答えた。

 北朝鮮・平壌での南北首脳会談に合わせて締結された軍事合意には▼地上・海上・空中での敵対行為の中止▼南北軍事境界線がある板門店の共同警備区域(JSA)の非武装化▼軍事境界線を挟む非武装地帯(DMZ)内の一部監視所の試験的な撤去――などが盛り込まれた。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。