Go to Contents Go to Navigation

排ガス不正疑惑 日産を本格捜査へ=韓国検察

記事一覧 2020.07.23 10:43

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル中央地検がディーゼル車の排ガス不正疑惑を巡り、日産自動車に対する本格的な捜査に乗り出すことが分かった。

告発状を提出する市民団体メンバー(資料写真)=(聯合ニュース)

 同地検は23日、日産などを告発した市民団体のメンバーに対する調査を実施する。告発された関係者も調査する方針だ。 

 告発されたのは日産の内田誠社長兼CEO(最高経営責任者)と日本法人、韓国日産のホ・サンジュン社長、韓国日産の個人2人と法人2社。日産側は検察の捜査に協力しているようだ。

 市民団体は5月21日、メルセデス・ベンツと日産、ポルシェの法人と代表計12人を大気環境保全法違反などの疑いでソウル中央地検に告発した。団体は3社が不正な排ガス装置が装着されたディーゼル車を販売し、不当な利益を得たと主張した。

 検査はベンツに対する捜査も行っている。5月と6月にはベンツコリア本社などを家宅捜索した。ただ、ベンツコリア社長の長期海外出張などにより、捜査は進んでいないもようだ。

 ポルシェに対しては、証拠資料が海外にあることなどを理由に、期限付きの起訴中止処分とした。ドイツの当局に協力を要請しており、必要な資料が届けば捜査を再開する方針だ。

 韓国の環境部は5月、3社が2012~18年に販売したディーゼル車14種の計4万381台に不正な排ガス装置が装着されたとして、リコール(無料の回収・修理)を命じるなどし、検察に告発した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。