Go to Contents Go to Navigation

韓国のコロナ感染者59人増 首都圏と光州で市中感染39人

記事一覧 2020.07.23 11:23

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は23日、この日午前0時現在の新型コロナウイルスの感染者数は前日午前0時の時点から59人増え、計1万3938人になったと発表した。新規感染者のうち市中感染が39人に上り、拡大再燃への懸念が強まっている。海外からの入国者の感染も20人と連日2桁を記録している。

保健所に設けられた新型コロナウイルス検査のための専用診療所。訪れた市民が問診票に記入している=22日、ソウル(聯合ニュース)

 感染拡大の勢いは一時弱まる気配もあったが、22日に1日当たりの新規感染者数が63人に増加し、5日ぶりに60人を上回った。続いてこの日も、前日より減ったとはいえ、60人に迫った。

 新規の市中感染は39人で、海外からの流入のほぼ2倍だった。今月5日(43人)以来、18日ぶりの高水準。地域別ではソウル市が11人、京畿道が17人、仁川市が2人と、首都圏で30人を占めた。また、ここ数日落ち着きを見せていた光州市で新たに9人の感染が確認された。

 ソウル市では、江南区所在の不動産関連オフィスで18日に最初の感染者が出てから22日までに計13人の感染が確認された。松坡区内の教会では信者を中心にこれまでに少なくとも5人の感染が判明した。

 京畿道・抱川にある陸軍部隊でも感染確認が相次ぎ、22日午後までに14人に上る。ところが最初に確認された感染者の感染経路はいまだに明らかになっていない。

 光州市では発熱から1週間後に検査を受けた人が陽性と分かり、その接触者の間で感染が広がっている。

 海外からの入国者の感染確認は20人で、6月26日から4週連続で2桁となっている。5人は入国時の検疫で、残り15人は自主隔離中に陽性と判明した。これら新規感染者のうち米国からの入国者が9人で最も多く、ロシアからが5人、ウズベキスタンからが3人などだった。

 新たな死者はなく、計297人。

 中央防疫対策本部は、毎日午前10時に同0時時点の新型コロナ感染者数を発表している。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。