Go to Contents Go to Navigation

LGディスプレー 中国工場で大型有機EL量産=月6万枚規模

記事一覧 2020.07.23 16:17

【ソウル聯合ニュース】韓国のLGディスプレーは23日、中国・広州の新工場で8.5世代(2200ミリ×2500ミリ)有機EL(OLED)パネルの量産に入った。

LGディスプレーの中国・広州工場(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 世界市場で唯一大型OLEDパネルを生産する同社は、効率性・生産性を高めるため、広州に大型OLEDの生産拠点を構築した。

 この工場では、月6万枚を量産する。これにより、同社は韓国・京畿道の坡州工場で生産される7万枚と合わせて月13万枚の生産能力を持つことになった。

 LGディスプレーは大型OLEDの2大生産拠点体制が完成したことで、今後のプレミアムテレビ市場における大型OLEDの存在感を高める計画だ。

 同社の丁豪栄(チョン・ホヨン)社長は「大型OLEDを会社の未来成長の中心軸とし、新工場を本格稼働することで量的・質的成長の双方を加速化する」とした上で、「後発企業との技術格差を広げて製品を差別化し、大型OLED事業のリーダーシップをさらに強化する」と述べた。

 広州工場は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で完工から1年近く量産体制の確立が遅れていた。

 同工場では今後の市場の需要増加に応じ、生産能力を現在の月6万枚から9万枚まで拡大する。

 また、坡州と広州の生産能力を最大化すれば年間1000万枚以上(55インチ基準)のOLEDテレビパネルの生産が可能になり、収益性の強化にもつながると期待される。

 世界のテレビ市場でOLEDを採用する企業は年々増加しており、今年はシャープなど4社が新たに陣営に参加。OLEDテレビのセットメーカーは計19社となった。

 英調査会社のオムディアは、OLEDテレビパネルの出荷量が2020年の440万枚から毎年成長し、25年には1200万枚を超えると見通した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。