Go to Contents Go to Navigation

韓国軍がPCR検査装置を追加導入へ コロナ対策強化

記事一覧 2020.07.24 11:44

【ソウル聯合ニュース】韓国軍当局が新型コロナウイルスの感染有無を調べるPCR検査用の装置を増やすなど、軍内部の新型コロナ対策を強化している。

ウイルス検査などに取り組む医療関係者(コラージュ)=(聯合ニュース)

 国軍医務司令部は24日、2カ所の国軍病院と国軍医学研究所に大容量の核酸抽出機3台とPCR検査装置2台を新たに導入する計画を明らかにした。将兵を対象にした検査能力が従来の2倍以上に引き上げられるという。

 また、医療関係者の感染リスクを減らせるよう、軍の全ての病院に検体採取用ブースも設置した。集団感染が発生した現場に赴いて検査を実施する移動検査車両も、軍の各病院に年内に配備する。

 医務司令部のソク・ウン司令官は「新型コロナの長期化に伴う軍内部の感染拡大の可能性を、先手を打って断つ」と説明した。

 軍では今月2日以降、新規感染者が出ていなかったが、このほど北部の京畿道・抱川にある陸軍部隊で10人以上の感染が確認された。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。