Go to Contents Go to Navigation

ソウル市長のセクハラ疑惑捜査 「縮小・歪曲する理由ない」=韓国首相

記事一覧 2020.07.24 16:05

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は24日の国会質疑で、与党「共に民主党」所属だった故朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長のセクハラ疑惑を巡る警察の捜査について、「(事件を)縮小・歪曲(わいきょく)したり増幅させたりする理由がない」として、「関係機関は法に基づいてやるべきことをやらなければならない」と答弁した。

国会で答弁する丁氏=24日、ソウル(聯合ニュース)

 また、「警察やソウル市など関係機関が被害者の告発と要請を受けて措置を取っており、中央政府は性暴力被害防止法に基づいて助力している」と述べた。

 朴氏の死亡による公訴権なしで捜査を終わらせず、真実を究明するよう求める声には、「世論に左右されるものではない。法にあることはしっかりやる」と述べた。

 同疑惑を巡っては、朴氏の元秘書の女性が8日、セクハラの疑いで警察に告訴状を提出。朴氏は9日に行方不明となり、10日未明、山中で遺体で見つかった。市長公邸に「全ての方々に申し訳ない」などと記した遺書を残していた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。