Go to Contents Go to Navigation

サッカー韓国フル代表とU-23 24年ぶりに対戦へ

記事一覧 2020.07.24 18:16

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大で世界のスポーツ界が大きな打撃を受けているなか、サッカー韓国男子のフル代表とU-23(23歳以下)代表が24年ぶりに対戦することになった。

韓国代表のベント監督(左)とU-23韓国代表の金鶴範(キム・ハクボム)監督(大韓サッカー協会提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 大韓サッカー協会は24日、ベント監督率いるフル代表と金鶴範(キム・ハクボム)監督率いるU-23代表が、9月の国際Aマッチ期間(8月31日~9月8日)に高陽総合運動場(京畿道高陽市)で2回にわたり親善試合を行うと発表した。詳細な日程は明らかにされていない。

 協会は、新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず、国家間の移動制限が続いていることから2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選に備えた海外チームとの試合が不可能になったため、今回の対戦が決まったと説明した。

 フル代表とU-23の対戦は、1996年4月21日以来24年ぶり。同年6月に予定されていた02年W杯開催国の決定を前に行われた対戦では、フル代表がU-23を2―1で下した。

 五輪のサッカー男子では、国際サッカー連盟(FIFA)が92年のバルセロナ大会から参加選手を23歳以下とする年齢制限を設けた。

 その後、フル代表とU-23が対戦したのは96年の親善試合が最初で最後となった。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。