Go to Contents Go to Navigation

輸入全体に日本が占める割合が一桁 「脱日本」加速=韓国

記事一覧 2020.07.26 16:06

【ソウル聯合ニュース】韓国の大韓商工会議所が26日に公表した報告書「日本輸出規制1年、産業の影響と政策課題」によると、輸入全体に占める日本からの輸入の割合は昨年1~3月期に9.8%、4~6月期と7~9月期に9.5%、10~12月期に9.0%だった。

韓国経済の日本依存度が下がっている=(聯合ニュースTV)

 日本が輸出規制の対象にした素材・部品産業で、日本が輸入全体に占める割合は15.7%から16.0%に上昇した。日本の規制措置は別の産業が影響を受けたとみられる。

 昨年の韓国の輸入総額約5033億ドル(約53兆4102億円)のうち、日本からの輸入額(約476億ドル)は9.5%を占めた。輸出入統計を取り始めた1965年以降、輸入全体に日本が占める割合が一桁になったのは初めて。

 大韓商工会議所は「日本の輸出規制以降、中核品目の国産化、輸入多角化などの努力により、素材部品の供給に大きな支障が出なかった」として、「他産業で日本からの輸入の割合が落ちているのは、日本との経済的な連結性が緩くなる傾向の中、輸出規制がこれを加速化させたとみられる」と分析した。

 一方、大韓商工会議所と大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が日本と取引する302社を対象に実施した調査結果によると、回答企業の84%が日本の輸出規制による被害がなかったと答えた。16%は被害があったと回答した。

 日本の輸出規制が企業の競争力に与えた影響については、91%が大きな影響がなかったと答えた。

 大韓商工会議所は「日本の輸出規制による産業界への被害が制限的なのは幸いだが、強制徴用判決関連の韓日の対立の火種が存在しているため、リスクを点検し対応策を講じなければならない」として、民間交流・協力の継続などを提言した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。