Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の経済成長率 1956~89年に年平均4.7%=韓国中銀

北朝鮮 2020.07.27 12:43

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)の経済研究院は27日発表した報告書で、1956~1989年に北朝鮮経済が年平均4.7%成長したとの推計を明らかにした。50年代の半ばから後半にかけ10%を超えていた北朝鮮の成長率は、70~80年代には2%台まで低下したと推定される。

経済研究院が北朝鮮の1956~1989年の経済成長率の推計を公表した(資料写真)=(聯合ニュース)

 経済研究院は、農林漁業、鉱業、軽工業、重化学工業、政府サービス業など主要7産業の生産量の推移などを基に北朝鮮の成長率を推計した。

 時期別に見ると、北朝鮮は50年代の半ばから後半には年平均13.7%の高い成長率を記録したが、60年代に入ると4%台に低下し、70~80年代には2%台に下落した。

 経済研究院は「北の経済は工業部門の大規模投資などで50年代後半に一時的に高い成長率を達成したが、60年代から80年代に至るまで、非効率的な計画経済体制、産業間の不均衡の深まりなどにより低成長を続けた」と説明している。

 56~89年の北朝鮮の産業別年平均成長率は、農林漁業が2.5%、建設業が8.6%、鉱工業が7.3%、電気・ガス・水道業が6.7%、サービス業が4.6%などとなった。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。