Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮に戻った脱北者 コロナ感染者・接触者名簿になし=韓国当局

北朝鮮 2020.07.27 12:11

【世宗聯合ニュース】北朝鮮メディアが、新型コロナウイルス感染が疑われる韓国の北朝鮮脱出住民(脱北者)が軍事境界線を越えて北側に戻ったと報じたことについて、韓国政府の中央事故収拾本部の尹泰皓(ユン・テホ)防疫総括班長は27日の定例会見で、「疾病管理本部のシステムに感染者として登録されておらず、接触者の管理名簿にも載っていない」と説明した。政府の資料では、感染の疑いを確認できる部分がない。

中央事故収拾本部の尹防疫総括班長(保健福祉部提供、資料写真)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 また、この人物との接触が多かったと考えられる韓国国内の2人も、前日の診断で陰性が判明したという。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、新型コロナウイルス感染が疑われる脱北者が北朝鮮に戻ったと報じた。

 韓国軍当局と京畿道の金浦警察署によると、脱北者は金浦市在住の20代前半の男性とみられる。先月、自宅で知人に性的暴行を加えた疑いで警察から取り調べを受けていた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。