Go to Contents Go to Navigation

韓国人留学生・就業者ら 8月から訪中可能に=中国とビザ発給で合意

記事一覧 2020.07.27 15:23

【北京聯合ニュース】韓国の張夏成(チャン・ハソン)駐中国大使は27日に行った記者懇談会で、新型コロナウイルスの感染拡大で中国に戻れていない韓国人留学生や就業者らが来月からビザの発給を受け、中国に入国できる見通しだと明らかにした。

記者懇談会を行う張氏=27日、ソウル(聯合ニュース)

 張氏は「中国が留学生と就業者、ビザを申請する時点で有効な居留証(居留許可証)を所持している人の三つのグループに対するビザの発給に合意した」と伝えた。ビザ発給の開始は8月初旬になる見通しだ。

 ただ、居留許可証を所持していたが、期限が切れた人は対象外となる。

 中国政府は新型コロナウイルスの流入を防ぐため、3月末、滞在ビザと居留許可証を持つ外国人に対しても入国を禁止した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。