Go to Contents Go to Navigation

ドイツがG7の拡大に反対「現状が合理的」 韓国「合意必要」 

記事一覧 2020.07.27 19:50

【ソウル聯合ニュース】先進7カ国首脳会議(G7サミット)を拡大して韓国などを参加させる米トランプ大統領に構想にドイツが反対する立場を示した。

ドイツのマース外相(資料写真)=(EPA=聯合ニュース)

 ドイツのマース外相は26日(現地時間)、現地紙ライニッシェ・ポストとのインタビューで、G7と主要20カ国・地域(G20)は合理的に組織された体制」とし、「今はG11やG12は必要ではない」と話した。

 トランプ大統領は先月、G7に韓国、オーストラリア、インド、ロシアなどを加える構想を表明した。ロシアはウクライナ南部クリミアを併合したことを批判され、2014年に主要8カ国(G8)から追放された。

 韓国外交部はマース外相のインタビューと関連し、「G7拡大に対するドイツの一般的立場を示したものと理解しており、G7の構造的拡大問題は今の加盟国間の合意が必要な事項」と述べた。

 また「マース外相のインタビューの内容はG7サミットへの招待問題に言及したのではなく、韓国に対する言及もなかった」と指摘した。

 ロシアのG7への復帰を巡っては、英国やカナダも反対する立場を示している。

 一方、日本は韓国の参加反対を米国に伝えたとされる。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。