Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏「自衛的核抑止力で安全を永遠に担保」 朝鮮戦争休戦日に演説

北朝鮮 2020.07.28 07:25

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)は27日、北朝鮮が「祖国解放戦争勝利」と呼ぶ朝鮮戦争の休戦協定締結日の演説で、核兵力について「頼もしく効果的な自衛的核抑止力によって国の安全と未来を永遠に担保できる」と述べた。朝鮮中央通信が28日、報じた。

26日、祖国解放戦争勝利67周年を祝う行事で演説する金委員長(朝鮮中央通信)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 朝鮮戦争参戦者らを呼んで開催した老兵大会の演説で述べた。金委員長は朝鮮戦争勃発以降、敵とのし烈な対決の連続だったとした上で、帝国主義の威嚇と圧力が刻一刻と高まっていると強調。北朝鮮が戦争を抑止できる絶対的な力で逆境を乗り越え、圧力や挑戦に勝利してきたと語り、核保有を正当化した。

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。