Go to Contents Go to Navigation

WTO補助金・相殺措置委員会 韓国参事官が議長に

記事一覧 2020.07.28 10:06

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は28日、ジュネーブ韓国政府代表部のチェ・ソンヨ参事官が前日に世界貿易機関(WTO)補助金・相殺措置委員会の議長に選出されたと伝えた。

チェ・ソンヨ氏=(聯合ニュース)

 補助金・相殺措置委員会はWTOの物品の貿易に関する理事会の下に置かれた委員会の一つで、「補助金および相殺措置に関する協定」の履行を監督する。同協定はWTO加盟国の政府が民間企業に支給する補助金の定義、補助金によって被害を受けた他の加盟国の相殺措置・相殺関税賦課の要件、調査の手続きなどを規定している。

 韓国外交部はチェ氏が議長に選ばれたことについて「補助金による貿易のゆがみを防ぐための多国間通商の規律強化、発展に向けた取り組みに寄与すると期待される」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。