Go to Contents Go to Navigation

脱北者の越境 「無限の責任負う」=韓国国防相

北朝鮮 2020.07.28 14:39

【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は28日の国会国防委員会で、北朝鮮脱出住民(脱北者)の男性が軍事境界線を越えて北朝鮮に戻ったとされる事件を巡り、警戒態勢の不備を指摘する声について、「指摘を受けても仕方ない」として、「すべての部分について無限の責任を負う」と答弁した。

国会国防委員会で答弁する鄭氏=28日、ソウル(聯合ニュース)

 ただ、「懸念されているように、われわれの警戒態勢は脆弱(ぜいじゃく)ではなく、正常に稼働するシステムを備えている」と強調。「国民は信頼しないかもしれないが、各システムと設備が補完されており、そうした力量を備えている」と述べた。

 脱北者の越境ルートとされる軍事境界線付近の排水路に人の通行を防ぐため棒と鉄条網が設置されていることに関しては、「棒と棒の間をすり抜けたのではないかと思う」とし、「鉄条網は外部形状では(破損が)確認することが難しい状態」と説明した。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。