Go to Contents Go to Navigation

韓国政府「外国指導者への礼遇考慮すべき」 「安倍首相の謝罪像」巡り

韓日関係 2020.07.28 17:14

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は28日、北東部の江原道・平昌にある私立の「韓国自生植物園」に旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像と、その前でひざまずいて謝罪する安倍晋三首相をモチーフにしたとされる像が設置されたことに対し、他国の指導者を礼遇する外交慣例を考慮すべきとの立場を示した。

韓国自生植物園に設置された少女像と、その前でひざまずいて謝罪する男性の像。同園は「永遠の贖罪(しょくざい)」と題したとしている(読者提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 外交部の金仁チョル(キム・インチョル)報道官は定例会見で、この像に関する質問を受け、「国際社会には国際礼譲というものがある。どの国であっても外国の指導者クラスに対してそうした国際礼譲を考慮する必要があると考えているだろう」と述べた。

 国際礼譲は国家間の友好関係を維持するための慣例としての礼儀で、相手国の元首に対する敬称の使用や礼遇などを含む。

 だが一部には、私有地に設置された像に対してまで政府が国際礼譲を指摘するのはやりすぎとの声もある。

 金氏は、政府が民間の造形物に対して措置を取れるかどうかを尋ねられ、「私有地にあるものに対し可能な部分、可能でない部分について法を綿密に見極める必要がある」と答えた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 韓日関係
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。