Go to Contents Go to Navigation

国際熱核融合炉プロジェクト 反応装置の組み立て開始=フランスで記念式典

記事一覧 2020.07.28 17:37

【ソウル聯合ニュース】太陽エネルギーの生産原理である核融合を利用して地上に未来エネルギー源「人工太陽」を作る国際共同プロジェクト「国際熱核融合実験炉(ITER)」の核融合反応装置の組み立てが28日、開始された。

ITERの組み立てについて会見を行う国家核融合研究所の兪席在(ユ・ソクジェ)所長(科学技術情報通信部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国科学技術情報通信部はこの日、欧州連合(EU)と韓国など7カ国で構成されたITER国際機関がフランス・カダラッシュのITER建設現場で「装置組み立て着手記念式典」を開いたと発表した。

 記念式典では、ITERの建設状況と今後の組み立て計画の紹介に続き、フランスのマクロン大統領の挨拶と各国首脳の映像・書面によるメッセージなどが動画投稿サイト「ユーチューブ」で世界に生中継された。

 ITERの核融合反応装置は100万個以上の部品で構成されたトカマク型(磁場閉じ込め方式)で、海水から抽出できる重水素とリチウム(三重水素)を燃料に核融合反応に最適な温度である1億5000万度の高温プラズマを生成し、持続的に核融合反応を起こす。

 核融合発電は燃料が無限で高レベル放射性廃棄物の発生や爆発などの危険がなく、究極の未来エネルギー源として注目されているが、これを実現するには技術的難題が多く、数十年にわたり実現可能性を巡る議論が続いてきた。

 しかし、この装置が2025年に完成し、約10年間の実証実験が終われば、1980年代に核融合エネルギーの平和利用の動きが始まってから現在まで続いている実現可能性の議論に対する最終回答が得られる見通しだ。

実験炉は各国が調達した部品を用いて組み立てられる(科学技術情報通信部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 兪席在(ユ・ソクジェ)国家核融合研究所(NFRI)所長は記者会見で「きょうの組み立て着手記念式典は、核融合エネルギーが(人類が活用できる)視野に入ったことを宣言する行事だ」とし、「核融合エネルギーの可能性の主張はもうオオカミ少年の叫びではないという意味だ」と説明した。

 ITERは、核融合エネルギーの大量生産の可能性を実証するためにEU、韓国、中国、インド、日本、ロシア、米国の7カ国が共同で開発、建設、運営する実験炉。10年以上の設計過程を経て07年に建設が始まり、25年に完工後、40年まで実験、運営する人類最長・最大の科学プロジェクトだ。

 ITERの建設費用はフランスなどEU加盟国が現物と現金で45.46%分を出し合い、韓国、中国、インド、日本、ロシア、米国が9.09%ずつ分担している。参加国は、この事業によって創出される全ての知的財産権を100%共有することになる。

ITERの建設現場(科学技術情報通信部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。