Go to Contents Go to Navigation

「人工太陽」に期待表明 「人類の未来照らす」=文大統領 

記事一覧 2020.07.28 19:57

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日、核融合を利用して地上に未来のエネルギー源「人工太陽」を作る国際共同プロジェクト「国際熱核融合実験炉(ITER)」の核融合反応装置の組み立て着手記念式に映像でメッセージを寄せ、「人工太陽はほぼ無限生産が可能で、放射能の危険と温室効果ガスの排出もない夢のエネルギー」として、「世界が知恵を集めれば人工太陽が人類の未来を明るく照らす」と期待を示した。

文大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

 記念式はITERが建設されるフランス・カダラッシュで開かれた。

 ITERの建設には韓国と米国、中国、日本、欧州連合(EU)など7カ国・地域が参加している。

 文大統領は「巨大な部品を組み立てる段階で別の挑戦が待っていると思う。新型コロナウイルスによる影響も最小限に抑えなければならない」とし、「7カ国(地域)が協力し、新しい挑戦を克服すると確信している」と強調。「韓国も多くの優秀な科学技術者が参加するよう支援する」と表明した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。