Go to Contents Go to Navigation

対北朝鮮資金提供の裏合意疑惑文書 「存在しない」=韓国大統領府

記事一覧 2020.07.29 15:50

【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)高官は29日、情報機関・国家情報院の朴智元(パク・チウォン)院長の国会人事聴聞会で、最大野党「未来統合党」が2000年の初の南北首脳会談当時、韓国側の特使だった朴氏が北朝鮮側と約30億ドル(約3200億円)の支援について裏合意していたと主張して公開した文書について、「関係機関を対象に確かめた結果、文書は政府内に存在しないことが確認された」と明らかにした。

未来統合党が公開した文書=27日、ソウル(聯合ニュース)

 未来統合党は27日、朴氏の人事聴聞会で、南北首脳会談当時に北朝鮮側と裏合意があったとして、「南北経済協力合意書」のコピーを証拠として公開した。

 文書には2000年6月から3年間、25億ドルの投資・経済協力借款を北朝鮮の社会インフラ部門に提供し、首脳会談に合わせて5億ドルを送るなどの内容が盛り込まれている。未来統合党の朱豪英(チュ・ホヨン)院内代表は文書を元政府高官から入手したと明らかにした。

 だが、朴氏の文書の存在を強く否認。30億ドル提供について北朝鮮側と議論もしておらず、文書は偽造されたものだとして捜査を要請する考えを示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。