Go to Contents Go to Navigation

韓日の輸出規制紛争「本格化」 WTOがパネル設置を決定

社会・文化 2020.07.29 19:57

【ジュネーブ聯合ニュース】世界貿易機関(WTO)の紛争処理機関(DSB)は29日(現地時間)、スイス・ジュネーブのWTO本部で定例会議を開き、日本の対韓輸出規制強化を巡り、韓国が要請した紛争処理小委員会(パネル)を設置することを確定した。これに伴い、同問題を巡る両国の攻防がWTOで本格的に始まる見通しとなった。

韓日の輸出規制紛争「本格化」 WTOがパネル設置を決定 - 1

 韓国政府はこの日の会議で、日本政府が韓国に対し、フッ化水素、フッ化ポリイミド、レジスト(感光材、フォトレジスト)の3品目について輸出規制を強化したことで、韓国への輸出が不必要に遅れ、不確実性や費用などが増加したと指摘した。

 また、これらの品目はディスプレーや半導体など世界の電子産業で使われる重要な製品の生産に必要なものであり、日本の措置がグローバル・バリューチェーン(GVC=国際的な価値の連鎖)に混乱を招いていると強調した。

 さらに今回の日本の措置は政治的な動機によるものとし、パネル設置を要請する理由を説明した。

 先月29日に開かれたDSBの会議でもパネルの設置について話し合われたが、日本の拒否により設置されなかった。提訴された国が拒否した場合、次回の会合で加盟国が全会一致で拒否しない限り、自動的にパネルが設置されるとするWTOの規定により、今回設置が確定した。

 パネルは3人の委員からなり、委員は提訴国と被提訴国の協議により選任される。パネル設置が確定したことで、今後、委員の選定などの手続きが進められる予定だ。

 パネル設置から判定までは原則10~13カ月必要とされるが、紛争により期間は変動する可能性がある。

 日本政府は自国企業に賠償を命じた韓国大法院(最高裁)の強制徴用訴訟判決に対する事実上の報復措置として昨年7月、半導体やディスプレーの製造に必要な3品目をそれまでの一般包括許可の対象から個別許可対象へと変更することで輸出規制を強化した。翌8月には輸出管理の優遇対象国「グループA(旧ホワイト国)」から韓国を除外した。

 これを受け韓国政府は昨年9月11日、対韓輸出規制強化を不当としてWTOに日本を提訴し、両国は2国間協議を行ったが平行線に終わった。それでも韓国は対話で解決するため、同年11月22日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了通告の効力を停止させ、WTOへの提訴手続きも停止した。

 その後、韓国は日本が輸出規制の理由に挙げていた制度面の不備をすべて改善した上で、日本に対し輸出規制の解決策に関する立場を5月末までに明らかにするよう求めたが、前向きな返答はなかった。

 韓国政府は6月2日にWTOへの提訴の手続き再開を発表し、同18日にWTO事務局と在ジュネーブ国際機関日本政府代表部にパネル設置の要請書を発送した。

yugiri@yna.co.kr

最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。