Go to Contents Go to Navigation

NAVERの4~6月営業益79%増 売上高は過去最高

記事一覧 2020.07.30 09:23

【ソウル聯合ニュース】韓国のインターネットサービス大手NAVER(ネイバー)が30日発表した4~6月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は2306億ウォン(約200億円)で前年同期比79.7%増加した。売上高は同16.7%増の1兆9025億ウォンで、四半期ベースで過去最高となった。新型コロナウイルス感染拡大が続く中でネット通販が好調で、広告や金融、コンテンツなどの主要事業もそろって善戦した。

NAVERの社屋=(聯合ニュースTV)

 営業利益の増加は、昨年4~6月期に日本子会社LINEのスマートフォン決済サービスのマーケティングコスト増大が収益を押し下げていた反動が大きい。

 売上高を事業別にみると、主力のビジネスプラットフォームが7772億ウォンで前年同期比8.6%増加した。ITプラットフォーム部門が70.2%増の1802億ウォン、広告が4.9%増の1747億ウォン、LINE・その他プラットフォームが16.7%増の6908億ウォンだった。

 NAVERは「電子商取引のエコシステム(生態系)強化に向けたさまざまな取り組みがプラスに作用した」と説明した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。