Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(7月30日)

◇米FRB 韓国など9カ国と通貨スワップ協定延長

 米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は29日(現地時間)、韓国など9カ国の中央銀行との通貨交換(スワップ)協定を6カ月延長すると発表した。通貨スワップ協定の限度額は、韓国をはじめオーストラリア、ブラジル、メキシコ、シンガポール、スウェーデンの6カ国がそれぞれ600億ドル(約6兆3000億円)、デンマーク、ノルウェー、ニュージーランドの3カ国がそれぞれ300億ドル。これら9カ国との協定は9月30日に満了する予定だったが、来年3月31日に延長された。

米ドル紙幣(資料写真)=(聯合ニュース)

◇集中豪雨で線路が冠水 中部・大田で列車に遅れ

 中部・大田市で鉄道の線路が集中豪雨により冠水し、京釜線と湖南線の運行に最大50分の遅れが出ている。韓国鉄道公社によると、30日午前4時ごろ、市内の線路の一部が冠水した。この影響で午前6時40分現在、京釜線は高速鉄道のKTXとSRT、一般列車に、湖南線は一般列車に10~50分の遅れが出ている。

◇国会 きょう住宅賃貸借保護法改正案など採決

 国会は30日午後に本会議を開き、住宅賃貸借保護法改と商街建物賃貸借保護法の改正案を採決する。改正案には、賃借人が2年の契約期間終了後、さらに2年の契約延長が保障される内容が盛り込まれた。延長時の賃貸料の値上げ幅は賃貸料の5%以内とし、地方自治体が条例で上限を決めるようにした。

◇スマホ利用者4人に1人 フリマアプリ使用

 スマートフォン(スマホ)でフリマアプリを使う人が1100万人に迫っている。市場調査会社のニールセンコリアクリックによると、韓国内のスマホ利用者のうち、フリマアプリを使う実訪問者数は6月現在、1090万人に達した。全スマホ利用者4050万人の26.9%に当たる。スマホ利用者の4人に1人がフリマアプリを使っている計算になる。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。