Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 民間団体の対北朝鮮支援を承認=新型コロナ防疫物資

北朝鮮 2020.07.30 21:09

【ソウル聯合ニュース】韓国の民間団体が申請した新型コロナウイルス感染症対策に使われる防疫物資の北朝鮮への搬出を統一部が承認したことが分かった。統一部関係者が30日明らかにした。

韓国の民間団体が申請した防疫用品の北朝鮮への搬出を統一部が承認したことが分かった(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 申請したのは韓国の民間団体「南北経済協力研究所」で、消毒液、防護服、診断キットなど約8億ウォン(約7030万円)相当の物資の搬出が承認された。

 李仁栄(イ・イニョン)統一部長官が27日に就任してから、北朝鮮への物資搬出が承認されたのは今回が初めて。

 ただ、北朝鮮側の受領者について、具体的な情報は公開しなかった。同関係者は「北側と合意書を締結したか、財源や輸送経路が確保されているかなど条件がそろったと政府が判断した場合、搬出承認を出す」と説明した。

 これまで韓国政府は南北交流の透明性を向上させるため、北朝鮮側の契約の主体などを公開してきたことから、今回の物資搬出が論議を呼ぶことが予想される。

 同団体は北朝鮮の北西部・平安北道にある学校や病院などに、体温を感知するサーモグラフィーを支給するため、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に対し、サーモグラフィーを制裁対象から除外するよう申請。制裁委は17日に除外を承認した。ただ、統一部が搬出を承認した物資にサーモグラフィーは含まれていなかった。

yugiri@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。