Go to Contents Go to Navigation

ソウルの行政首都維持に49%が賛成 世宗市移転派は42%=韓国調査

政治 2020.07.31 13:48

【ソウル聯合ニュース】世論調査会社の韓国ギャラップは31日、全国の満18歳以上の1001人を対象に28~30日に行った調査の結果、行政首都について49%が「ソウル市で維持するのがよい」と答えたと発表した。「(中部の行政都市)世宗市に移転するのがよい」と答えたのは42%だった。

行政首都の移転を巡る議論が続いている(イラスト)=(聯合ニュース)

 2003年12月の調査では、行政首都の移転案に賛成したのは44%、反対したのは43%だった。17年前と比べ、ソウル市を行政首都として維持すべきとの意見は大田市・世宗市・忠清道と20代で大幅に増加した。

 ソウル市の維持を選んだ回答者は、理由として「ソウルが中心、ソウルが首都だから」(32%)を最も多く挙げた。世宗市への移転を選んだ回答者が最も多く挙げた理由は「ソウル市に集中しすぎている、過密を抑えるため」(40%)だった。

 12年以降、主要官庁を世宗市に移転したことについては「よかった」との回答が55%、「よくなかった」との回答が22%だった。移転初期の13年4月の調査では「よくなかった」との回答が43%で、7年前に比べ肯定的な見方が増えたことが分かった。

 国会の世宗市移転は賛成が47%、反対が39%で、7年前(賛成35%、反対49%)と賛否が逆転した。

 青瓦台(大統領府)の移転は賛成(38%)より反対(48%)が多く、ソウル大の移転も賛成(30%)より反対(54%)が多かった。

 一方、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は、前週比1ポイント下落の44%だった。

 不支持率は前週比3ポイント下落の45%だった。不支持の理由は「不動産政策」が30%で最も多かった。

 政党支持率は進歩(革新)系与党「共に民主党」が38%、保守系最大野党「未来統合党」が20%。このほか、革新系「正義党」が7%、中道系「国民の党」が5%、革新系「開かれた民主党」が3%と集計された。無党派層は27%だった。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。