Go to Contents Go to Navigation

ソウル市内の託児所18日から一斉再開 約半年ぶり

記事一覧 2020.08.03 10:55

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市は3日、市内にある託児施設5420カ所が18日から運営を再開すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため2月25日に出した休園命令の解除に伴うもの。首都圏の防疫強化の一環として休園を延長していた仁川市と京畿道も、ソウル市と同じ日に休園措置を解除する。

防疫体制を整えた施設(資料写真)=(聯合ニュース)

 ソウル市は休園措置の解除について、家庭でずっと子どもの面倒を見るのが難しい保護者の間で開園を求める声が強いと説明した。安心して子どもを預けられるよう、市は8月から託児施設の教材・教具の消毒や室内外の防疫の担当者675人を新たに採用してバックアップする計画だ。予備の子ども用マスクも準備する。

 感染の拡大状況次第で、区や施設単位で個別に再び休園したり防疫を強化したりする可能性もある。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。